【NPO法人留学協会認定RCA海外留学アドバイザー】 【ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー】
【法務省入国管理局申請取次行政書士】 【JAOS認定留学カウンセラー】 行政書士森田幸生事務所へようこそ!

国際結婚・在留資格・外国人雇用・米国留学/非移民ビザ/抽選永住権等に関する手続き・相談、日英(私・公文書)翻訳
TEL: 079-553-0766
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く)   FAX: 079-553-0767
e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp   Skype: moritasachio
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く








 
















































4.留学に必要な条件

 アメリカ留学に必要な条件には主に以下のものがあります。

 ■成績証明書
  2年制大学・4年制大学・大学院に入学する場合に要求されます。

 ■TOEFL(Test of English as a Foreign Language)
  英語を外国語とする者の英語能力試験です。最高点は300点(ペーパーテストの
  場合は677点)で、一般的に4年制大学では173点(ペーパテストの場合は500点)、
  大学院では213点(ペーパーテストの場合は550点)が要求されます。

 ■SAT(Scholastic Assessment Test)
  Reasonings Tests(エッセイ・文法・批評読解力・数学)と Subject Tests(21種の
  科目別テスト) の2種類があり、 2年制大学・4年制大学に入学する場合に要求
  されます。

 ■ACT(American College Test)
  英語・数学・読解力・理科の4科目からなる試験で、2年制大学・4年制大学に入学
  する場合に要求されます。

 ■GRE(Graduate Record Examinations)
  General Test(英語・数学・分析作文)と Subject Test(8種の専門分野別)からなる
  試験で、主に学術系大学院に入学する場合に要求されます。

 ■GMAT(Graduate Management Admission Test)
  英語・数学・分析作文からなる試験で、経営大学院(MBAプログラム)に入学する
  場合に要求されます。

 ■LSAT(Law School Admission Test)
  読解力・分析力・論理力・作文からなる試験で、法科大学院(J.D.プログラム)に入学
  する場合に要求されます。


5.出願手続きと合否の通知

 ■願書を入手する:学校から直接入手します。

 ■願書その他書類を準備する:願書・成績証明書・卒業証明書・推薦状・エッセ イ・
  財務能力証明書・健康診断書・出願料・TOEFL等のスコアレポートといった書類を
  各学校の出願手順に従って準備します。

 ■願書を送付する:追跡調査ができるEMSやFedEx等で送るのが安全です。

 ■入学許可証を受け取る:入学許可証となるI-20またはDS-2019という書類が
  送られてきます。この書類はビザの申請に必要です。

 ■滞在先を決める:学校を通じて寮やホームステイの手配をします。


6.渡航準備

 ■パスポートを取得する:有効期限が6ヶ月未満の場合はビザ申請前に必ず切替
  新規申請してください。切替新規申請は有効期限が1年をきった日からできます。
  新規申請や切替新規申請は行政書士等の代理人ができますが受け取りは本人に
  限ら れています。

 ■ビザを申請する:非移民ビザの手続き
  (http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-nivapply.html )に従って東京の米国
  大使館または大阪や那覇の米国総領事館に申請します。

 ■航空券を手配する:開校日にあわせて航空券を購入します。I-20またはDS-2019
  に記載されている開始日の30日以前に米国に入国することはできません。

 ■海外傷害保険に加入する:万一のケガや病気に備えて加入しておくといいで
  しょう。(当職も加入していきましたが幸いにも5年間で一度も使うことはありません
  でした・・・)

 ■お金・クレジットカードを準備する:到着後すぐ必要となるタクシー・食事・電話等
  のための現金と、トラベラーズチェック、クレジットカードを準備します 。クレジットカード
  は学費の支払いやキャッシング等にとても便利ですのでVISA やMasterCardといった
  メジャーなものを1枚は作っていきましょう。

 ■荷物を揃える:たいていのものは現地で調達できますが、薬などは飲み慣れている
  ものを持っていくといいでしょう。



  米国留学アドバイジングに戻る




〒669-1514 兵庫県三田市川除353-1 創水ビル2F
行政書士森田幸生事務所
TEL: 079-553-0766   FAX: 079-553-0767

e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp

Copyright (C) 2005-2017 Morita Gyoseishoshi Lawyer's Office. All Rights Reserved.