【NPO法人留学協会認定RCA海外留学アドバイザー】 【ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー】
【法務省入国管理局申請取次行政書士】 【JAOS認定留学カウンセラー】 行政書士森田幸生事務所へようこそ!

国際結婚・在留資格・外国人雇用・米国留学/非移民ビザ/抽選永住権等に関する手続き・相談、日英(私・公文書)翻訳
TEL: 079-553-0766
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く)   FAX: 079-553-0767
e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp   Skype: moritasachio
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く








 




























1.留学目的の明確化

 アメリカ留学は最終ゴールの設定に始まり最終ゴールの達成で終わります。
 最終ゴールを決めることにより初めてその達成に必要なスケジュールを立てることが
 できます。
じっくりと時間をかけて自分で考えて最終ゴールを決めましょう。


2.留学方法の選択

 アメリカ留学には主に以下のような選択肢があります。

 ■語学学校
  語学の習得を第一の目的としてアメリカで学ぶ方法です。
  語学学校で英語力をアップした後、次の進路の2年制大学や4年制大学へステップ
  アップすることもできます。

 ■2年制大学
  学位の取得を目的とするものと学位の取得を目的としないもの(聴講生等)が
  あります。
  アメリカの2年制大学はコミュニティーカレッジと呼ばれる社会人の職業教育や
  生涯教育を目的として作られた地域の学校がほとんどです。コミュニティーカレッジは
  比較的授業料が低いため4年制大学に編入する目的で入学し単位を取得する学生
  が多く見られます(当職もこのコースを選びました)。4年制大学に編入する場合に
  注意すべきことは、コミュニティーカレッジで取得した単位でも認められるものと認め
  られないものがあるので、あらかじめどこの4年制大学のどの学部に編入するのか
  決めておき、できるだけ多くの単位が認められるように単位を選択し取得すること
  です。

 ■4年制大学
  学位の取得を目的とするものと学位の取得を目的としないもの(聴講生等)が
  あります。
  州立・市立・私立を含めアメリカにはおよそ3,500の4年制大学があります。分野・
  難易度・学費もさまざまです。

 ■大学院
  学位の取得を目的とするものと学位の取得を目的としないもの(聴講生等)が
  あります。
  大学卒業後のより専門的な分野での研究機関への留学です。

 ■その他
  実践的な専門技術を学べる専門学校等への留学があります。資格・ディプロマ・
  サーティフィケート・準学士号・学士号・修士号の取得を目的とするものとそれ以外の
  ものがあります。



  次のステップへ


  米国留学アドバイジングに戻る

〒669-1514 兵庫県三田市川除353-1 創水ビル2F
行政書士森田幸生事務所
TEL: 079-553-0766   FAX: 079-553-0767

e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp

Copyright (C) 2005-2017 Morita Gyoseishoshi Lawyer's Office. All Rights Reserved.