【NPO法人留学協会認定RCA海外留学アドバイザー】 【ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー】
【法務省入国管理局申請取次行政書士】 【JAOS認定留学カウンセラー】 行政書士森田幸生事務所へようこそ!

国際結婚・在留資格・外国人雇用・米国留学/非移民ビザ/抽選永住権等に関する手続き・相談、日英(私・公文書)翻訳
TEL: 079-553-0766
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く)   FAX: 079-553-0767
e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp   Skype: moritasachio
(月〜金9:00〜18:00 国民の祝日を除く








 























































○留学に関する業務

 ■米国留学アドバイジング
  留学の準備は留学希望時期の1年前から始めるのがベストです。
  留学準備の手順は以下のとおりです。

  1. 留学目的の明確化
    最終ゴールを決め、スケジュールを立てる

  2. 留学方法の選択
    語学学校・短期大学・4年制大学・大学院・その他

  3. 学校の選択
    インターネット・留学フェア・パンフレット等で情報を収集する

  4. 留学に必要な条件
    成績証明書を入手する
    TOEFL・SAT・ACT・GRE・GMAT・LSAT等を受験する

  5. 出願手続きと合否の通知
    願書を入手する
    願書その他書類を準備する
    願書を送付する
    入学許可証を受け取る
    滞在先を決める

  6. 渡航準備
    パスポートを取得する
    ビザを申請する
    航空券を手配する
    海外傷害保険に加入する
    お金・クレジットカードを準備する
    荷物を揃える


  留学中のサポートもご要望に応じて行います。

  「アメリカ留学アドバイジングシート 」を印刷・ご記入のうえお問合せください。

  「アメリカ留学アドバイジング料金表 」をご覧ください。



 ■独り言のようなアドバイス・・・
  1992年3月、中学・高校の6年間みっちり英語教育を受けたにもかかわらずまったく英語が聞き取れずしゃべれない国外逃亡ともいえるような状態で単身渡米してコロラド州デンバーの語学学校の寮に到着しました(この時生まれて初めての飛行機で本州を出るのも初めてでした・・・機内ではオレンジジュースしか頼めなかったことを憶えています・・・)。語学学校初日までの数日間は毛布がどこでもらえるのかもわからず毛布のないベッドで過ごしました(後々Student Unionというところでもらえることがわかりました・・・)。語学学校初日も受付がどこにあるのかわからず迷い冷や汗をかきながらめちゃめちゃ必死に探しました。これが日本ならば「毛布はこちらで受け取ってくださいね〜」「受付はこちらに並んでくださいね〜」といったような指示がありそれに従っていればなんの問題もなく過ぎていったことだろうと思います。人に聞けばいいと思うと思いますがこの時は英語が話せず聞き取れずほんとにテンパッてました。このような渡米直後の人生で初めて遭遇した危機から、自分は生まれてから高校を卒業するまでの18年間何も考えずにすべて自分以外の人が考え準備したものにしたがって行動してきたのだなぁとしみじみ感じました。その5年後には必死の甲斐あってアメリカ人並に英語を聞き、話し、読み、書くことができるようになり、英語を使って経営学を習得し、学士号を取得することができました。
   このようなしょうもない危機から大学を卒業するまでアメリカでいろんなことを体験し学習しましたがつまるところこれかなぁと何となくうっすらと感じています。それは皆さんへのアドバイスにもなるかなぁと思います。それは
           
自ら調べ、考え、決め、行い、責任を持つ
ということです。日本で通用するのはもちろんですが世界でも通用するようになるにはこの訓練を繰り返し繰り返し異国であり経済大国であるアメリカでしてもらいたいと思っています。
   何でもいいですが何かをしようとするとき、まず自分で調べます。調べて出てきたものをもとに自分で考えます。自分で考えた後何をするか自分で決めます。自分で決めたことを自分で行います。自分で行ったことに対して自分で責任を持ちます。キーワードは「自分」です。この過程で1箇所でも手を抜いたり自分でしなかったりしたときはその部分から失敗・後悔が生まれます。
   このような思いから留学準備においても皆さんには「自ら」を基本に進めていって欲しいと考えています。がっ!僕自身テンパッたように初めての留学では大変なことばかりです。できるだけたくさんの将来ある若者に世界に通用する日本人になって欲しい、挫折せずに最終ゴールまでたどり着いて欲しい、そのために準備や手続き面で(もちろんご要望があれば留学中も)少しでもサポートしたい、といった思いで行うのがこの留学アドバイジングです。 (2005年11月18日)

〒669-1514 兵庫県三田市川除353-1 創水ビル2F
行政書士森田幸生事務所
TEL: 079-553-0766   FAX: 079-553-0767

e-mail: morita_gyoseishoshi@ybb.ne.jp

Copyright (C) 2005-2017 Morita Gyoseishoshi Lawyer's Office. All Rights Reserved.